ひざの不調は早目の治療が大切です

年齢を重ねた方からよく聞かれる症状のひとつが膝の痛み。
特に女性に多いようです。

加齢に伴っておこる膝の痛みとしては「変形性ひざ関節症」があげられます。
変形性ひざ関節症とは、ヒザの関節の軟骨が傷つくことで、関節に炎症が起こり、痛みが生じる病気で、発症には体重や運動、姿勢などの生活習慣が関連していると言われています。
症状が進行し、軟骨が傷むと動かしたときの衝撃が吸収できなくなり非常に強い痛みを生じます。
「変形性ひざ関節症」にかかると、ヒザの痛みのためあまり歩かなくなり、脚の筋肉が衰えてしまいます。
そうなると、ヒザを守っている筋肉が衰えるとさらにひざに負担がかかるようになり、痛みがひどくなります。
このような悪循環から脱するためには、早期に治療を受けることが大切になります。

早期治療を受けるために、時々、下記の点をチェックしてみてください。

1つでも当てはまる項目があれば、変形性ひざ関節症の可能性があります。

  • 立ち上がる時、歩きはじめる時にヒザの痛みがある
  • 階段の上り下りの時にひざの痛みがある
  • 正座しづらい、するとヒザが痛い
  • ひざに水がたまって腫れる
  • 起床時にひざがこわばっている
  • ひざの内側を押すと痛みがある

もし、このような症状が出たら、ぜひ伏見療院にご来院ください。
骨格バランスを整え、ひざの不調を改善します。
必ず、痛みは改善できます。
放置すればするほど、悪循環に陥り改善が難しくなってしまうので、少しでも調子が悪いと感じ始めたら、ぜひご来院いただきたいと思います。

加齢に伴って起こる事の多い、変形性ひざ関節症だけでなく、スポーツなどで膝を痛めてしまった場合もぜひ伏見療院へご来院ください。

伏見療院では、骨格や内臓のゆがみを矯正することにより、自己回復力を高めます。
50歳を過ぎたら「体のアイチエイジング」の観点からも、伏見療院でのチェックをお勧めします!

ひざの痛みだけでなく、腰痛、股関節の痛み、肩や首の痛み、慢性的な頭痛など、加齢や日常生活のクセが原因となっている不調を、骨格・内臓矯正で改善していきましょう。

整体・矯正と聞くと、ボキボキ・バキバキとして痛い、というイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
20年以上継続して通ってくださるかたや、ご家族全員で来院してくださっている方もいらっしゃいます。

ひざの痛みをはじめ、いろいろな所で診てもらっても、なかなか改善しない不快な症状でお悩みの方、ぜひ一度京都伏見区の伏見療院へいらしてみてください


伏見療院へのアクセス

■ 住所

京都府京都市伏見区
深草大亀谷敦賀町42

■ 最寄り駅

JR藤森駅 徒歩10分
京阪墨染駅 徒歩25分
京阪丹波橋駅 車で8分
地下鉄六地蔵駅 車で10分

■ TEL

075-641-6513

■ 営業時間

午前 9:30~12:00
午後14:30~18:30

■ 定 休 日

木曜・日曜・祝日

■ 駐 車 場

3台分あり

伏見療院外観
お問い合わせ

ご予約はお電話にて承っております。

ご予約は

075-641-6513

受付時間
午前9:30~12:00/午後14:30~18:30

ご質問等のお問い合わせは
常時メールでも受け付けております。

メールでのお問合せはこちら

ページトップへ