慢性的腰痛はやっかいだからこそ根本的な改善が必要

痛いけれど、病院に行くほどのことなのか?

という疑問は、長らく腰痛もちの方の悩みの種でしょう。
ぎっくり腰やヘルニアというような急激に痛みを伴う腰痛とはまた別の、「ジーン」「ズーン」と痛くなるような腰痛は本当にやっかいなものです。
病院に行って、レントゲンを撮ってもらっても、結局何も写らないということは往々にしてあります。

立ち仕事の人、座って仕事をする人、スポーツをする人、妊娠・出産を経験した人、育児中の人、太り気味の人、痩せている人、老若男女どなたでも「腰痛」に関わり合う可能性があるのです。そのほとんどが「慢性的腰痛」で、長い期間不快な症状と付き合わなくてはなりません。
元気そうに見えても常に腰の痛みと闘っている、そんな人が増えているのは事実でしょう。

「自然に治ってくれればなー」というのは、慢性的腰痛には当てはまりません。
何かしらアクションを起こさなければ、ある日鈍い痛みから急激な痛みにかわることになりかねません。
だからこそ、腰痛持ちさんたちは病院ではなく、接骨院や整体へと通う人が多いのでしょう。
揉んでもらったり、電気をあててもらったり、確かに気持ちがいいものです。

そもそも「腰」の字が表している通り、身体の中心・一番大事な部分が腰です。
ということは、たくさんの身体の部位、重要な内臓と密接な関係を持っているのも腰なのです。
スポーツを極めるのも、日常生活の細かな動作まで「腰から決まる」ことばかりと言えます。
だからこそ、疲れが溜まりやすかったり、痛みを感じるなども腰から始まるのでしょう。

痛みを和らげようとする、マッサージや電気治療は有効な一面もあります。
腰痛の原因のひとつに、精神的なストレスや不安、鬱などがあげられます。
今感じている痛みを軽減することで、治らないと思っていたストレスをも軽減することができるでしょう。
ただ、残念ながら痛みは再度確実にやってきます。
この痛みを繰り返していく不安感が、さらなるストレスを誘発することになってしまいます。

治るはずがないと思っていた腰痛でも、根本的な治療で改善の方向へ向かうことができます。
腰そのものだけではなく、腰と密接な関連がある箇所の歪みを矯正することが重要です。
腰だけでなく、身体全体の筋肉や骨が固まってしまっていては、矯正で骨格を直しても同じことの繰り返しです。
矯正で骨や筋肉を緩めた後、それをストレッチなどで維持することで、慢性的腰痛を改善することができるでしょう。

腰痛をどうにかしたい!と考えた時こそ、病院ではなく身体全体を診察してくれる京都伏見区の整体院がお勧めなのです。


伏見療院へのアクセス

■ 住所

京都府京都市伏見区
深草大亀谷敦賀町42

■ 最寄り駅

JR藤森駅 徒歩10分
京阪墨染駅 徒歩25分
京阪丹波橋駅 車で8分
地下鉄六地蔵駅 車で10分

■ TEL

075-641-6513

■ 営業時間

午前 9:30~12:00
午後14:30~18:30

■ 定 休 日

木曜・日曜・祝日

■ 駐 車 場

3台分あり

伏見療院外観
お問い合わせ

ご予約はお電話にて承っております。

ご予約は

075-641-6513

受付時間
午前9:30~12:00/午後14:30~18:30

ご質問等のお問い合わせは
常時メールでも受け付けております。

メールでのお問合せはこちら

ページトップへ