整体における不妊治療の役割

バキバキやボキボキ…が整体だと考えている人は多いでしょう。
けれど、身体の歪みを整えるのはいいけれど、自分の身体から聞こえてくるその音に耐えられない人は多いかもしれません。
「整体は痛い」という認識が先走りして、本来の身体の自然治癒力を高めるお手伝いの部分が置き去りにされているように思います。

「身体のあるべきところにある」ようにするのが整体の役割です。

その中で、歪みを矯正して身体的な不調を緩和させることができると言われています。
現在、整体の中でも「不妊治療」の役割が注目されています。
産婦人科での不妊治療はとても重要ですが、そもそも不妊なのか、治療を受けるべきなのか、前段階で悩まれる方もいらっしゃいます。
また、長く不妊治療を続けていると精神的にも肉体的にも継続が困難な時期もあります。

整体における不妊治療は、様々な悩みを「整える」側からサポートしていきます。
妊娠においては、子宮や卵巣が大きく関連します。
けれど、内臓の中でも下部にあるのが子宮や卵巣などです。
骨格がゆがんで内臓の位置が下がってくると、当然子宮や卵巣を圧迫します。
子宮は骨盤にぶら下がっているので、これが圧迫されると骨盤も常にずれた状態になります。

正常に働けない子宮や卵巣のままでは、生理不順はもちろんですし、女性ホルモンの分泌が弱まり、それぞれの機能は落ちることになります。
生殖器全体の機能が落ちれば、腰痛・冷え・頭痛・むくみなどの症状が出てきて不快な症状が続くことになるでしょう。
多くの不妊治療をされている方には上記の症状が出ています。

「妊娠しやすい体」づくりが整体の不妊治療の目指すところです。

身体の歪み、骨盤のズレ、これらを丁寧に取り除くことによって、本来内臓と生殖器がもっている働きを取り戻す必要があります。
健康な身体を取り戻すことができれば、正常な生理周期・正常な女性ホルモンの分泌が復活して、元気のある卵子が育つことになるでしょう。

身体の歪みを整えて内臓が正常な位置に戻りやすいようにしなくてはいけません。
歪んだ骨盤では子宮や卵巣を支えられないので、骨格矯正は必要でしょう。
その上で、あるべきところにあるように内臓の矯正をすると正常な位置に戻ります。
そして、ホルモンを分泌する頭の矯正をすることで、ホルモンバランスが整います

不安な気持ちになりがちな不妊治療ですが、まずは健康な身体を「なか」からつくっていくお手伝いを整体はしています。
プレッシャーを感じる前に、整体院へ相談してみることもオススメします。


伏見療院へのアクセス

■ 住所

京都府京都市伏見区
深草大亀谷敦賀町42

■ 最寄り駅

JR藤森駅 徒歩10分
京阪墨染駅 徒歩25分
京阪丹波橋駅 車で8分
地下鉄六地蔵駅 車で10分

■ TEL

075-641-6513

■ 営業時間

午前 9:30~12:00
午後14:30~18:30

■ 定 休 日

木曜・日曜・祝日

■ 駐 車 場

3台分あり

伏見療院外観
お問い合わせ

ご予約はお電話にて承っております。

ご予約は

075-641-6513

受付時間
午前9:30~12:00/午後14:30~18:30

ご質問等のお問い合わせは
常時メールでも受け付けております。

メールでのお問合せはこちら

ページトップへ